ガッテン!スイカの見分け方最強テクニック!音ではなく感じて!身の詰まった新鮮なスイカをGet!

豆知識

暑い夏を乗り切るにはスイカが一番です。

丸ごとスイカを購入して、中身を見たら空洞になっていたり、身がつぶつぶのたらこ状で味や触感がイマイチという残念な経験ありませんか?

私が住む新潟はスイカの生産全国5位、1世帯当たりの消費量は全国1位(2019年度)で、夏にはスイカはかかせません。

夏バテの時は、スイカだけを食べることもしばしばです。

だから丸ごとスイカを買ったときに中身が割れて空洞になっていたり、新鮮でないものを選んでしまい、味や触感がいけてない経験があります。

そんなことにならないために、中身がぎっしりつまって、最高においしいスイカをGETできる最強テクニックをご紹介いたします。

美味しいスイカの見分け方最強テクニック!たたくはたたくけど振動を感じろ!

スーパーでスイカをたたいて音を確認している主婦の方いらっしゃいますよね。

では、どんな音が出るといいスイカなのでしょうか?

高い音?低い音?

私も低い音の出るスイカの方がずっしりと身が詰まっていそうで、選んでしまいますがそれで失敗することもありました。

実は、美味しく身のぎっしり詰まったスイカを見分けるには、音は全く関係ないようです。

では、何で選べばいいの?

そのキーワードは”振動”です。

美味しいスイカの見分け方実践テクニック!こんな簡単な方法でできる!

①まずは、スイカをたたく手と反対側にピッタリ手をつけましょう!

スイカをたたいた時に振動を感じるために、スイカを中心にたたく手の反対側にピッタリと手をつけてください。

②強くたたく必要なし!

何度もたたいてしまうとスイカの中身が崩れてしまいます。手のひらを使うのではなく、指を使って軽く小刻みにたたいてください。これだけでも十分に振動は伝わります。

③選ぶときはいくつかのスイカを比べる

振動をより良く感じるためには、いくつかの比較対象が必要です。

振動でより強く感じるものが一番身が詰まっているスイカです。

美味しいスイカの見分け方!鮮度が命!ヘタの色で鮮度を見極めろ!

スイカは、メロンやキウイフルーツ、バナナなどのように収穫後に時間の経過とともに甘みが増す追熟する果物ではありません。

よって、収穫されたら(ツルを切られたら)できるだけ新鮮なうちに召し上がることが最も美味しいスイカの食べ方です。

では、どうやって新鮮なスイカを見分ければよいでしょうか?

ツルを切った後に切り口の色に注目してください。

ツルを切ったばかりですと切り口が緑色です。

一方時間の経過とともに切り口は黒色に変色していきます。

これで新鮮なスイカを見極めてください。

私もこれまでスイカ選びには、ヘタ(ツル)の部分は全く見過ごしていました。

この見極め方は、他の野菜や果物にも応用できそうですね。

スイカの美味しい食べ方!スイカにひと手間”塩”ではなく”レモン”でイタリアを味わえる!

スイカの美味しい食べ方の定番スイカに塩をかけることで甘みが増すことは日本人の多く知っている豆知識ですが、地中海最大の島イタリアのシチリア島では、スイカにレモンをかけて召し上がるそうです。

聞いたけで、青い空に爽やかな風が吹くそんなイメージがわいてきますね。

実際、スイカに酸味を加えることで爽やかな味わいになるようですよ。即実践してみたいですね!

まとめ

スイカの見分け方の最強テクニックをご紹介いたしました。

『ガッテン!』NHKで紹介された全国のスイカ名人が共通してやっていることです。

間違いありません!

さっそく実践してみてこの暑い夏を乗り切りましょう!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました