換気しながらエアコン電気代が気になる!効率的に冷やす方法は?

豆知識

気象庁によりますと2020年の夏(6月~8月)の気温は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並か高いという予報となっています。

6月に入り気温が高くなり、そんな兆しが見え始めてきています。

そこで気になるのが換気をしながらのエアコンの電気代です。

密な状況を避けるために、常に窓や戸を開けて換気している中で、暑くなればエアコンをつけることになり、今年の夏は電気代が嵩みそうです。

そこで、少しでも電気代を抑えるためにやっておきたいことをご紹介します。

換気しながらエアコン電気代が気になる!世間の声は?

職場や学校などの公共の場においては、これから換気をしながらのエアコンということで、電気代が気になります。

世間の声を拾ってみました。

これから本格的に暑いシーズンが到来すると、換気を守らなくなる可能性もあります。

だからこそ、国・地方による補助で電気代を気にせずにエアコンが利用できたらと考えてしまいます。

エアコンの消費電力が最も多くなるのは、エアコンをつけた時と設定温度に冷やすまでの時になります。

だから、エアコンを細目につけたり消したりするよりもつけっぱなしの方がいいようです。

換気しながらエアコン電気代が気になる!効率的に冷やす方法は?

換気をしながらの電気代を少しでも低く抑えるための方法それはエアコンの掃除です。

エアコンの掃除

エアコンの掃除をすることで節電効果があります。

エアコンフィルターが汚れていると、風邪の通り道がふさがれ、空気を吸い込むことが難しくなり余計な電力を消費することになります。

そのため手軽に掃除できるエアコンフィルターは2週間に一度くらいのこまめな掃除をしましょう。

1年に1度の掃除では、足りないようです。

エアコンフィルターを汚したままにしておくと、年間の電気代が10~30%も高くなると言われています。

エアコンのカビ汚れも放置しておくと、カビにホコリが付着して、風量が落ちてしまい、エアコンの効果が薄れてしまいます。

ファンの汚れは、風力の低下だけでなく、設定温度に達するまで余計な時間を必要とするので、余計な負担がかかり、電力を多く消費し、余計な電気代がかかってしまうのです。

エアコンの掃除をしましょう!

と言われても、フィルターの掃除は出来るけども、他は業者さんに任せないとダメなのでは?

と思っている方多いと思います。

お掃除屋さんにエアコンの掃除を頼んだら1台あたり約1万円くらいかかります。

そこでお手軽にエアコンの掃除ができる商品をご紹介します。

エアコン洗浄スプレー

https://twitter.com/pee8doll/status/1267759713912893441

スプレーを吹きかけるだけでも、相当汚れが落ちそうです。

なかなかよさそうです。

掃除することは、やはり電気代にも影響がありそうです。

エアコン洗浄スプレーの使用上の注意として1台に1本全部使う必要があります。

2本使うと更に効果的!?

気になる汚れた水は、外に出ている排水ホースから排出されるので安心してください。

https://twitter.com/nailartistalice/status/1268703991480762369
https://twitter.com/harumaki6757/status/1266907065210945536

 

 

 

エアコンの洗浄スプレーは時期になると品切れになることもある商品です。

特に今シーズンは、換気しながらのエアコンということで、電気代を抑えるためにエアコンを掃除する方たちが増えると予想されます。

お早目のご購入をおすすめします。

換気しながらエアコン電気代が気になる!税金で・・・

2020年の電気代に関しては、国や地方で負担してほしいという思いもあります。

公共料金の水道代について、地方自治体が基本料金の半額を負担しているところもあるようです。

https://twitter.com/3sternchen/status/1267606452887117825

また、吉村知事の大阪府では

まさに痒いところに手の届くといった国民目線の対応です。

恐らくこれは学校のみの対応になると思われますが、親御さんにとって嬉しい対応だと思います。

こうした大阪モデルは今後全国に広がっていくのではないでしょうか。

こうした学校のエアコン代補償の流れから、事業者への補償という流れになればと願う、そろばん教室をやっている個人事業主の筆者です。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました