「ツイステカフェ」運営会社は?過去のコラボカフェの評判まとめ

豆知識

「ディズニーツイステッドワンダーランド」OH MY CAFEが、全国3都市3会場で開催されます。

このカフェは事前の予約抽選の応募が必要になります。

しかし、予約する前にこのカフェの運営会社について確認が必要なようです。

過去にも問題があったこの会社について調べてみました。

「ツイステカフェ」運営会社は?

「ツイステッドワンダーランド」の世界観を堪能できるコラボカフェ、通称「ツイステカフェ」。

11月20日からの東京(原宿)と大阪(心斎橋)会場を皮切りに11月27日には愛知(名古屋)の3都市で開催が予定されています。

この「ツイステカフェ」を運営する会社は

株式会社レッグス

です。

代表取締役社長 内川 淳一郎
本社所在地 東京都港区南青山二丁目26番1号南青山ブライトスクエア11・12階
設立 1988年3月
資本金 350百万円
事業内容 販促受託事業、エンターテインメント事業

 

2015年6月に東京証券取引所一部上場されており、資本金からしても問題なさそうな会社のようですが・・・

株式会社レッグスは、これまでにも、ウォルトディズニージャパン株式会社の許諾を得て、ディズニー/ピクサー映画の世界観が楽しめるOH MY CAFEを開催しております。

株式会社レッグスの過去のコラボカフェの評判

株式会社レッグスが運営されている過去のコラボカフェでの不祥事についてピックアップしてみました。

コナンカフェ

こちらの投稿は、2018年に開催されたコナンカフェで、一部の店員さんの来場された方の気持ちを考えていない行動がつぶやかれています。

この開催から2年が経過していますが、今でもこうした過去の出来事が拡散されています。

グラブルカフェ

2017年7月に開催されていた、「グランブルーファンタジーカフェ」訳してグラブルカフェ。

こちらでは、水属性のドリンクに誤ってアルコールが混入されたことにより、お客様が救急車で搬送された出来事があったようです。

こちらに関しては、公式サイトに謝罪文が掲載されたということで、事実であることは間違いないようです。

謝罪文が掲載された公式サイトは、現在は削除されておりページが見つからない状態です。⇒こちら

こちらの事柄についても既に3年以上が経過していますが、今だに取り沙汰されています。

ここまでご紹介した出来事については、数年以上前の事象であり、その後は同じ過ちを繰り返さないように、社員・アルバイト等の教育の徹底がなされているのではないでしょうか。

そんな過去の過ちがいまだに話題となってしまい、会社のイメージの大きな痛手を負っている㈱レッグスを気の毒に思います。

コナンカフェ2020

しかしながら、2020年の今年においても、コナンカフェでコロナ休業に伴う返金に関するも問題が発生しています。

休業により事前予約金の返金に際して、振込手数料と相殺して振込返金するという失態があったようです。

それにより、返金額ゼロとなってしまったケースが発生しました。

最終的には、振込手数料分をお客様に振込されたようですが、そこまでに数カ月以上の期間を要しました。

こうした顧客の気持ちを顧みない対応によって、株式会社レッグスは会社の信頼を損ねることとなってしまったのです。

株式会社レッグスの評判まとめ

株式会社レッグスの評判・評価については上記の点から圧倒的にマイナスイメージが多いようですが、一方ではプラスの評価もあるようです。

株式会社レッグスのマイナス評価

https://twitter.com/saboaya19/status/1316395781302050816

 

 

株式会社レッグスのプラス評価

コメントに一部プラス評価があるものがほとんどで、マイナス面のコメントもあり、実際のところ±ゼロといった感じでしょうか。

大絶賛のコメントは見当たりませんでした。

それでも「ツイステカフェ」に行きたいという方は、少々覚悟が必要かもしれません。

また、逆に悪い評判が多くあることで、事前予約も取りやすくなり、それでも行きたいというファンの方にとっては好都合なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました