【ネタバレ】映画「無限列車編」に猗窩座(あかざ)は登場するの?声優は誰?

アニメ

「鬼滅の刃」映画「無限列車編」が公開されました。

公開前から猗窩座(あかざ)は登場するのか?

また猗窩座(あかざ)の声優は誰かなどネット上で話題となっていました。

公開されたことでその真相が明らかに。

ご紹介します。

なおネタバレ含みますのでご注意ください。

映画「無限列車編」に猗窩座(あかざ)は登場するの?

「鬼滅の刃」映画「無限列車編」が公開されました。

公開に先立ち公式より紹介されたキャストには、猗窩座(あかざ)は記載されておりません。

更にポスターについても

このように、猗窩座は描かれていないのです。

そんなことから、SNS上では猗窩座が登場するか否か話題となっておりました。

 

ここからは、その回答【ネタバレ】です。

映画「鬼滅の刃」無限列車編に猗窩座は・・・・

 

 

登場します。

下弦の壱、魘夢(えんむ)との闘いが終わり、負傷した炭治郎に呼吸の指南をしていた煉獄さん。

全員が無事に帰れると思いハッピーエンドで終わると思いきや、

そこに突如、上限の参、猗窩座が登場します。

鬼滅の刃の鬼の中でも人気の猗窩座と「無限列車編」主人公ともいうべき、煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)との壮絶な戦闘シーンは、この映画最高のクライマックスと言えるでしょう。

猗窩座の登場なくしては、悲しい結末さらに涙腺崩壊の感動はあり得ません。

実際、「無限列車編」をご覧になられた方の感想として

このように、猗窩座と煉獄さんの戦闘シーンに感動する人が多くいらっしゃいます。

鬼の道へ誘い込もうとする猗窩座に対し、

煉獄さんは人間の美しさと己の信念を語ります。

そんな二人会話に心打たれる方も多いのではないでしょうか。

そして、体がボロボロになりながらも、傷ついた炭治郎や乗客を守るその煉獄さんの姿は、涙腺崩壊間違いないでしょう。

更にこのシーンでも↓

映画「無限列車編」猗窩座の声優は誰?

「無限列車編」に猗窩座が登場するか否かと同じくらいに、猗窩座の声優は誰になるのかネット上で賑わいを見せておりました。

中には誰になるのか予想をされている方もいらっしゃいました。

猗窩座は上弦の参です。

そしてその格下の下弦の鬼でも↑このように豪華声優陣が名を連ねております。

そんなことからも猗窩座の声優が誰になるのか話題となっていました。

ここからはその回答【ネタバレ】です。

上弦の参、猗窩座の声優は・・・・

 

 

石田彰さんです。

石田彰のプロフィール

本名 石田 彰(いしだあきら)
愛称 あーさん、あー様
出生地  愛知県日進市
生年月日  1967年11月2日(52歳)
血液型 O型
身長/体重 163cm/52kg

キャラクターづくりに定評がある声優さんで、独特な声質(石田ボイス)で少年から青年まで、過去にはセーラームーンでフィッシュ・アイ役という少女の声を演じたこともあります。

『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役が有名です。(1996年~)

そのほかにも

『銀魂』桂小太郎役、『昭和元禄落語心中』菊比古役(有楽亭八雲役)、『機動戦士ガンダムSEED』アスラン・ザラ役、『マギシンドバッドの冒険』ユナン役、『NARUTO』我愛羅役など数多くの人気キャラクターの声優を演じております。

猗窩座の声優が石田彰であったことに対する反応

『無限列車編』をご覧になられた方が猗窩座の声優が石田さんであったことに対して、予想外という反応や、予想通りという反応など様々でしたが、総じて猗窩座の声優が石田彰さんであることに満足されている様子です。

更に石田さんだけでなく、豪華声優陣の熱演ぶりに感動を覚えている方も少なくありません。

予想外という反応

予想通り

猗窩座の声優が石田さんで・・・

【ネタバレ】映画「無限列車編」に猗窩座(あかざ)は登場するの?声優は誰?まとめ

『鬼滅の刃』映画『無限列車編』に主題歌LiSAの『炎』(ほむら)

この歌詞はまるで、煉獄杏寿郎に対する鎮魂歌のように聞こえます。

このような感想をお持ちになる方は、きっと私だけではないはずです。

煉獄さんの鎮魂歌ということは、猗窩座との戦闘無くしてはあり得ないということからも、『無限列車編』に猗窩座が登場するというヒントがこの主題歌にも隠されていたようです。

映画を盛り上げる要素の一つ主題歌。

LiSAの『炎』も間違いなく『無限列車編』を盛り上げてくれる要素の一つとなることでしょう。

LiSA – 炎 / THE FIRST TAKE

そして、感動のストーリー。

『無限列車編』は、このコロナ禍においても、映画の記録を塗り言い換えるであろう炎を秘めている可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました