警告試合の原因は?ヤクルト・広島戦で誰がヤジを飛ばしたの?

スポーツ

2020年シーズンで初の警告試合となったヤクルトVS広島戦。

その原因は何だったのでしょうか?

調査しました。

警告試合の原因は?

2020年10月3日のヤクルト・広島戦で警告試合の宣告がされました。

警告試合

報復行為や乱闘行為を未然に防ぐため、死球をはじめとする危険なプレーを行った選手とそのチームの監督を退場させることを審判員が宣告した試合を指す。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

その原因は、

0対13で迎えた8回裏1死ヤクルトの攻撃。

広島2番手の菊池保投手が、ヤクルトの青木宣親選手の左足ふくらはぎへのデッドボールがきっかけとなりました。

次の山田哲人選手の打席の時に

どこからか

「もう一発」

とのヤジが飛びます。

このヤジは、観客席または広島ベンチどちらかから飛んだようですが・・・

スポーツ紙(日刊スポーツ・スポニチ・デイリースポーツ)の情報によれば、広島ベンチからヤジが飛ばされたとされていますが・・・

このヤジに対して一番初めにヤクルト森岡三塁コーチが反応。

直後にヤクルトの高津監督がなにやら叫んだ模様です。

その後両軍入り乱れての一触即発のムードとなります。

ヤクルト・広島戦で誰がヤジを飛ばしたの?

2020年初の警告試合となったヤクルトvs広島戦。

スポーツ紙では、広島ベンチからヤジとの記事が多いようですが本当に広島ベンチからなのでしょうか。

ヤジが飛ばされた直後、小林球審、打者の山田哲人選手、キャッチャーの坂倉将吾選手が広島ベンチの方を見ているようですが・・・

世間の声としては、スポーツ紙各社がヤジが広島ベンチからという記事となっていたこともあり、広島の選手またはコーチ陣からのヤジであるという認識が多くを占めています。

しかし一方で

など、ヤジが広島ベンチからではない声も多数あるようです。

私自身の見解としては、デッドボールを受けた選手が青木選手、そして次の打者が山田選手といづれも日本を代表する選手です。

そんな選手に対して、

「もう一発」という心無いヤジが同じ野球選手から飛ばされるというのは甚だ疑問です。

ヤジを飛ばしたのがカープベンチからなのか、観客からなのか真相は不明のままですが

明日の試合が報復合戦にならないことを願います。

タイトルとURLをコピーしました