朝乃山の大関昇進の条件は?過去の力士の実績で検証!

スポーツ

三役で二場所連続2桁勝利をあげた朝乃山。

来場所の2020年春場所は、大関取りをかけた場所になります。

では、朝乃山は、来場所どれだけの勝ち星をあげれば大関に昇進できるのでしょうか?

過去のデータから検証してみました。

朝乃山の大関昇進の条件は?

朝乃山関が大関昇進するためには、来場所の2020年春場所どれくらいの勝ち星が必要になるのでしょうか?

大関昇進の条件として、三役で直近3場所の合計勝利数

33勝

が必要であると言われています。

では、直近2場所の朝乃山関の実績を見ていきましょう。

朝乃山関の三役での直近2場所の成績

朝乃山関の直近2場所の成績は

2019年 九州場所(小結)11勝

2020年  初場所(関脇)10勝

直近の2場所で21勝の勝ち星があります。

33勝が大関昇進の基準ということであれば、来場所の春場所で12勝以上をあげれば大関昇進ということになるのではないでしょうか。

33勝という基準はどこからきてるの?

では、この大関昇進の基準である33勝というのは、どこからこの数字がきているのでしょうか。

日本相撲協会によれば、この33勝という基準は

明文化された基準があるわけではない

とキッパリ述べられておられます。

ということは、過去の大関昇進力士の実績データからこの数字が出てきているようです。

過去(平成以降)の力士の大関昇進実績で検証!

過去の大関昇進力士の直近3場所の勝利数を見ていきましょう。

四股名 直近3場所成績(大関昇進前)/場所 3場所通算
貴景勝 小結 13勝/九  関脇 11勝/初 関脇 10勝/春 34勝
栃ノ心 前6 14勝/初  関脇 14勝/春 関脇 14勝/夏 34勝
高安 小結 11勝/初 関脇 12勝/春 関脇 11勝/夏 34勝
照ノ富士 前2 8勝/初 関脇 13勝/春 関脇 12勝/夏  33勝
豪栄道 関脇 12勝/春 関脇 8勝/夏 関脇 12勝/名 32勝
鶴竜 関脇 10勝/九 関脇 10勝/初 関脇 13勝/春 33勝
稀勢の里 関脇 10勝/名 関脇 12勝/秋 関脇 10勝/九 32勝
琴奨菊 関脇 10勝/夏 関脇 11勝/名 関脇 12勝/秋 33勝
把瑠都 関脇 9勝/九 関脇 12勝/初 関脇 14勝/春 35勝
日馬富士 関脇 10勝/名 関脇 12勝/秋 関脇 13勝/九 35勝
琴光喜 関脇 10勝/春 関脇 12勝/夏 関脇 13勝/名 35勝
白鵬 小結 9勝/九 関脇 13勝/初 関脇 13勝/春 35勝
琴欧州 小結 12勝/名 関脇 13勝/秋 関脇 11勝/九 36勝
朝青龍 関脇 11勝/初 関脇 11勝/春 関脇 12勝/夏 34勝
栃東 関脇 10勝/名 関脇 12勝/秋 関脇 12勝/九 34勝
魁皇 小結 8勝/春 小結 14勝/夏  関脇 11勝/名 33勝
雅山 小結 12勝/初 関脇 11勝/春 関脇 11勝/夏 34勝
武双山 小結 10勝/九 関脇 13勝/初 関脇 12勝/春 35勝
出島 小結 9勝/春 関脇 11勝/夏 関脇 13勝/名  33勝
千代大海 関脇 9勝/秋 関脇 10勝/九 関脇 13勝/初 32勝
貴ノ浪 関脇 10勝/秋 関脇 12勝/九 関脇 13勝/初 35勝
武蔵丸 関脇 8勝/秋 関脇 13勝/九 関脇 12勝/初 33勝
若ノ花 小結 14勝/春  関脇 10勝/夏 関脇 13勝/名 37勝
貴ノ花 小結 14勝/秋   関脇 10勝/九 関脇 11勝/初 35勝
小結 13勝/初 関脇 8勝/春 関脇 13勝/夏  34勝
霧島 小結 10勝/九 小結 11勝/初 関脇 13勝/春 34勝

平成以降の大関昇進力士の直近3場所の通算勝利数は、32勝~37勝となっています。

ここ最近の大関昇進については、3人がともに34勝となっています。

三役で3場所33勝以上で大関昇進が見送られたケースもある(平成以降)

 

四股名 直近3場所成績(大関昇進見送り前)/場所 3場所通算
雅山 小結 10勝/春(H18) 関脇 14勝/夏(H18) 関脇 10勝/名 (H18) 34勝
雅山 関脇 14勝/夏(H18) 関脇 10勝/名 (H18) 関脇 9勝/秋  (H18) 33勝
把瑠都 小結 12勝/秋(H21) 関脇 9勝/九 (H21) 関脇 12勝/初 (H22) 33勝
貴景勝

小結 9勝/秋(H30)

小結 13勝/九 (H30) 関脇 11勝/初(H31) 33勝

三役で3場所通算、33勝をあげていながら大関昇進が見送られた上記の数字を覗いてみると、3場所中に1場所でも9勝がある場合、直前場所で10勝どまりの場合などで昇進が見送られたケースがあるようです。

逆に、3場所で8勝・9勝の場所があった場合でも、大関昇進となるケースもあり、数字だけでなく取り組み内容も考慮されているようです。

一人大関の春場所が追い風?

2020年の春場所は、豪栄道の引退により貴景勝の一人大関になります。

江戸時代から小結、関脇、大関の三役は東西に置くことが慣例となっておりました。

そのため西横綱につく白鵬、鶴竜のどちらかが大関を兼ね

「横綱大関」となります。

これは1982年初場所以来のことです。

当時は、東大関琴風が一人で西大関が不在であったため、西横綱の北の湖が

「横綱大関」として西大関を兼ねました。

横綱が大関を兼ねるということは特別なことであり、相撲協会は早く東西の大関を置きたいと考えているに違いありません。

となると、朝乃山の大関昇進に多少なりとも追い風になりそうな気がします。

朝乃山大関昇進の必要勝利数は?大胆予想!

ここまで、朝乃山の大関昇進のための2020年春場所の必要勝利数を探るべく調べてきました。

そこからズバリ

11勝以上

で大関昇進となるのではと予想いたします。

朝乃山関はここまでの直近2場所で、21勝(内訳には9勝の場所は無し)

過去の大関昇進通算勝利数が32勝~37勝であり、かつ現在大関一人という状況。

33勝以上で大関昇進を見送られたケースでは、直前場所での10勝が響いていること。

以上のことを考慮して

ズバリ11勝!と予想してみました。

落ち着いた雰囲気の朝乃山関。

この春場所で大関昇進を果たし、将来は貴景勝とともに令和を代表する大横綱になってもらいたい魅力的な力士です。

タイトルとURLをコピーしました