両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)の代役は誰?公演は中止になるの?

豆知識

伊藤健太郎さんの車両事件の波紋が広まっています。

12月5日に初日を迎える予定だった明治座「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」の公演にも影響がありそうです。

今回は、両国花錦闘士の公演で代役は誰になるのか、中止になるのか、調査しました。

両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)の代役は誰?

東京の明治座で12月5日から伊藤健太郎主演で公演予定だった「両国花錦闘士」が主役の不祥事により、公演中止が危ぶまれています。

実は明治座で伊藤健太郎さんが舞台を務める公演は、コロナの影響で8月6日から予定されていた「巌流島」も中止となっています。

巌流島では、準主役の佐々木小次郎役だった伊藤健太郎さん。

(主役の宮本武蔵役は、横浜流星さんでした)

今回の舞台が中止となれば、2公演連続での中止となります。

また共演者で、相撲雑誌の記者役の大原櫻子さんも、「両国花錦闘士」が中止となれば、コロナで中止を余儀なくされた「ミスサイゴン」に次ぐ中止となります。

そう考えると今回の不祥事の影響は多方面にわたりその代償は非常に大きいと言えます。

では、両国花錦闘志の代役は立てることになるのでしょうか。

既に東京公演チケットも販売され、12月23日までの明治座での土日公演は完売されているということで、明治座側からすれば、できれば中止にしたくないという思いがあるのかもしれません。

また、舞台稽古が続けられている(10月29日時点)こと。

大阪公演のチケット販売が12/5に変更になったことなどからも、中止ではなく代役を立てての公演の可能性があるのではないかと思われます。

世間の声としても

https://twitter.com/rako_chan39/status/1321941564386545664

代役を立ててでもやってほしいという声もあるようです。

両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)の代役は誰になるのか?

では、代役をやるとしては誰になるのでしょうか?

公演初日まであと約1ヶ月はありますが、これを長いとみるか、短いとみるか。

代役を立てるとなると、演劇の流れを知っている別の役の方が繰り上げで主役を務めるという可能性もあります。

原嘉孝さん(宇宙Six)、岸本慎太郎さん、根岸葵海さんのジャニーズJr.の3人が、候補となるのではないでしょうか。

世間の要望として

神木隆之介

神木隆之介さん、みやけマン、服部桜が代役にいいのではという声もありました。

神木さんは誰もが知っている人気俳優です。

伊藤健太郎さんの代役としてはあまりある方ですが、スケジュール的に難しいものがありそうです。

三宅弘城(みやけマン)

みやけマンさんとは、NHK「みいつけた!」で白い体操服を着た応援団長、三宅弘城さんです。

三宅さんは大河ドラマ「いだてん」でも、ピエール瀧さんの代役を務めあげた、実力派俳優です。

三宅さんが代役となれは、短い準備期間であっても、主役を演じきれることは間違いないと思います。

服部桜(はっとりざくら)

服部桜とは、大相撲力士です。

2020年9月場所終了時点での通算成績は、3勝202敗1休(30場所)

角界最弱力士の愛称を持ちます。

世間では、

 

服部桜が伊藤健太郎さんに似ているという声も少なからずあるようです。

これは、代役の可能性もあるのではないかと・・・

それは、難しそうです。

両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)の公演は中止になるの?

代役をたててでも公演してほしいという声もあれば、中止になるのではないかという声も多数あります。

明治座によれば、10月29日時点で

今後のことは協議中。何も決まっていません。

と、コメントされています。

現在も、代役探しや、中止にするか否かで協議が継続されているようです。

また、伊藤健太郎さん目当ての、チケットの購入をされた方も多数いることでしょう。

もし中止にならなかった場合には、そうした方の対応も迫られそうです。

今後の動向に注目です。

タイトルとURLをコピーしました