燕市長の鈴木力のプロフィール/贈り物に涙!手紙の内容とは

新潟

新潟の中でものどかな地域の燕市。

この燕市の感染対策が全国で話題になっています。

燕市長の鈴木力(すずきつとむ)さんが気になったので調べてみました。

また全国で注目を浴びるその対策に迫ります。

燕市長の鈴木力のプロフィール

名前 鈴木 力(すずき つとむ)
生年月日  1960年9月28日(59歳)
出身地 新潟県燕市
学歴 燕西小学校→燕中学校→三条高等学校→早稲田大学政治経済学部
前職 新潟県庁職員
市長当選回数 3回(2010.4.23~現職)
経歴 昭和58年4月
新潟県採用平成12年4月
総務部人事課人材育成係長平成15年4月
産業労働部産業政策課副参事
(にいがた産業創造機構派遣)平成18年4月
産業労働観光部観光振興課長補佐平成19年4月
産業労働観光部産業振興課長補佐平成19年7月
知事政策局政策監平成22年1月
新潟県退職平成22年4月23日
燕市長就任平成26年4月23日
燕市長2期目就任平成30年4月23日
燕市長3期目就任
趣味 読書、登山

引用元:www.city.tsubame.niigata.jp

筆者も新潟に住んでいます。

新潟と言っても新潟市ですので隣の燕市の市長のことは全く知りませんでした。

ただ感染対策は燕市は徹底していると感じます。

新潟市は4月7日から学校がスタートした一方で、感染者1人で新潟市に比べ感染人数が圧倒的に少ないにもかかわらず、早々に休校延長を決断しました。

燕市長の鈴木力さんのリーダシップが発揮されました。

全国のリーダーの動きを見ていると、北海道の鈴木知事や大阪府の吉村知事などの若い知事のリーダーシップが目立ちます。

新潟に住んでいながら燕市長のことは全く無知だった私は、おそらく若い方なのだと思っておりましたが、鈴木市長が60歳であることに驚きです。

鈴木市長の経歴を覗いてみますと、新潟を離れることなくずーっと新潟のために尽力されてきたようです。

地元燕市で生まれ燕市を愛しているからこそ、燕市民を守るための対策をとられたのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました