イソジンが品切れ・品薄!世間の反応は?

豆知識

コロナ禍で今度はあのイソジンが品切れ・品薄との情報です。

事の発端は、大阪府の吉村洋文知事の発言です。

今や大阪だけでなく日本中がそのリーダーシップに注目の吉村知事の発言は日本を大きく動かしてしまう、そんな影響力があるようです。

吉村知事がどのような発言をして、イソジンが品切れ・品薄となってしまっているのでしょうか?

世間の反応も併せてご紹介します。

イソジンが品切れ・品薄となった吉村洋文大阪府知事の発言とは?

吉村洋文大阪府知事が、自身の発言の影響力を知ってか知らずか

ポビドンヨードによるうがい薬をすることによって、ある意味、コロナに打ち勝てるのではないかという風にすら思っている。

ただこれは研究段階ですので、確定的に言うことはできませんが、この研究結果が明らかになった。

と発言されました。

その研究結果とは、コロナ軽症者がポビドンヨードによるうがいをすることで、陽性頻度が低下したというものです。

ここで注意すべきは、うがいにより病気が治ったということではなく、人に移しにくくなる。

ウイルスが肺に落ちなくなり、重症化を防げるのではないかという、大阪はびきの医療センターの次世代創薬創生センター長の松山晃文医師の見解によるものです。

まだ研究段階であるため、断定はできませんが、吉村知事はポビドンヨードを使ったうがいを行うように、感染が疑われる大阪府民への呼びかけを行いました。

その会見が行われたのが4日の午後2時40分頃になりなす。

この直後、イソジンを買い求めるお客さんがドラッグストアなどの販売店へ殺到し、イソジンが多くの店舗で品切れ・品薄になったものとみられます。

イソジンが品切れ・品薄!世間の反応は?

お店にお客さんが殺到して、イソジンに代表されるポビドンヨードを含むうがい薬が店頭から消えてなくなる店舗が多く発生した模様です。

イソジン品切れ・品薄状況をツイッターで紹介

どうやら品切れ・品薄状態は今始まったことではないようです。

全国各地の薬局で、品切れ・品薄となっているようです。

 

大阪府の吉村知事に対するコメントも増えています。

そんな中で、吉村知事もツイッターで反応しています。

 

この吉村知事の発言を受けての反応も

世間は、このイソジンがトレンド上位となり、大きな話題となっています。

また話題になればなるほど、イソジンの品切れ・品薄に加速がかかります。

イソジンの品切れ・品薄は転売ヤーによる買い占めが原因の一つともいわれています。

決して高値で買うようなことはせず、冷静な判断が必要です。

ポビドンヨードの含まれるうがい薬の転売は、法律違反になります。

つまりイソジンの転売は法律で禁止されているのです。

転売された製品を見かけても絶対に購入しないようにしてください。

ポビドンヨードによるうがい薬(イソジン)の効果は?

吉村知事の発言を受けて、日本アレルギー学会専門医・指導医であり、日本小児科学会指導医でもある堀内健太医師は次のように述べています。

ポビドンヨードによるうがいは、『風邪予防に有効ではない』という研究結果があります。

水のみでうがいをすると、うがいをしないグループよりも風邪にかかる確率が下がったものの、ポビドンヨードでうがいをするグループは効果が認められなかったのです

ポビドンヨードは強力な殺菌性ゆえに、のどや口の中にもともといる『正常な細菌』をも叩いてしまい、さらには粘膜なども痛めてしまうからと考えられています。

また、一般的に、ポビドンヨードのうがい薬の安全性は高いと考えられますが、長期使用に関しては甲状腺機能を障害する可能性が指摘されています。

そのため、長期に使い続ける場合は定期的な検査が推奨されます

堀内健太医師コメント一部抜粋

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200804-00191721/

 

イソジンに代表されるポビドンヨードによるうがい薬の風邪予防に対する効果は、水でのそれに比べて効果が認められないという見解です。

また、強力な殺菌性ゆえに、正常な細菌もやっつけてしまい、更に粘膜も痛めてしまう恐れもあるようです。

更に長期使用は甲状腺機能の障害のリスクもあるようです。

一時の衝動で、買いに走ることなく、冷静に判断して、自分にとって本当に買う必要があるのかもう一度よく考えてみてください。

この衝動的な行動により、本当に必要な人が困るということも忘れてはなりません。

タイトルとURLをコピーしました